南無三の「なんていうか、そのぅ~」な日記(シベリアンハスキーと共に~)

気ままに日々の出来事を独り言なみの小声で綴っていきたい。オチ無し地獄ですぜ。(日記・本について・子育て・愛犬)

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風邪ひいたー

風邪引いたー
しんどかったー

また明日書きます。

ひさびさに「聖☆おにいさん」読み返したら

やっぱ面白かった。

優しい気持ちになれますな。
スポンサーサイト

| 日記 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きな本・2

おはようございます。

今日は好きな本についての続きです。

V・C・アンドリュース氏の「屋根裏部屋の花たち」

祖母により幽閉された四人の子供達のお話です。

結構ダークなお話しでしたが、私は期間をあけて何度も読みました。

続編に「炎に舞う花びら」「棘があるなら」「屋根裏部屋に還る」があり

4部作からなる長編小説です。女性向けかな。


続きましてぇは、

デイモン・ラニアン氏の「ブロードウェイの天使」

12編からなる短編小説で、独特の語り口に惹かれ、これも何回読んだかなぁ

最近、調べたのですがラニアン氏はブロードウェイシリーズってのを、随分たくさん

書いているそうでamazon等ではちょっと高値になっていました。

またシリーズ読んでみたいでっす!

翻訳が良いんですよねぇ~~~♪訳者は加島祥造という方でした。


今はあまり読書に時間がとれず、寝る前に少し読むだけですが

お勤めをしていた頃は多い時で年間300冊程、読んでしまっていました(; ̄ー ̄川

暇があれば本を開いている感じで、今思えば本の中にエスケープしていたようですな。

だから、物語のみでしたね。

how-to物などは、ほとんど見なかったなぁ。

失恋した時なんかは、「ハーレクインロマンス」シリーズしか(絶対ハッピーエンド)

読めなかったしね。

未だにハードカバーより文庫本の方が好き☆(価格も安いし、カバンに入れても軽いから)

またもう少し年をとったら、読書の時間がとれるかな???

楽しみです♪

| 書籍 | 08:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高校の

次男の高校の制服採寸に行ってきた。
私と違い、次男はスリムです。ホント羨ましい限りです。

男の子はたいして制服に興味を示さないからラクちんですね。

南無三が高校入学の前は、仲の良いお友達と二人で電車に乗って

学校を見にいったなぁ( ̄- ̄)・・遠い昔の事じゃったぁ~~・・・

結構遠かったけど、わざわざ制服見たさに行きましたよ。

女子ですな!

可愛くない制服で二人してがっかりしたのを覚えております( ̄_ ̄ i)


あの時も今日の様にさくらがキレイに咲いていたのかしら??

| 日記 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最初の最初

はじめまして。
まずは軽く自己紹介から

大阪府在住の主婦。
中肉中背にほんのちょびっと、、いや、、
ちょっと、いやいや・・・・うーん・・・ぽってりお肉をつけた感じ☆(*´∇`*)

いっけん、ほんわか優しそうな雰囲気に見えるみたいですが
ちょいちょい、ブツブツ毒づきます。

普段は人に合わせますが、時々まったくいう事を聞かなくなる
猪突猛進的な所もあります。(偶然か干支はイノシシです)

どちらかというと、どんくさい感じ。
お話しするのも、用事をするのもスローです。

特技・・・力持ちです(年々、握力が強くなっています)
     手芸が得意ですかな
     食べ物関連の記憶力が半端無く良い(地理や数字は全くダメ)

↑これ・・・誰が興味あんねん!?←ヤナギブソン。


まぁ、自己紹介はこれぐらいにして。


今日はとりあえず、「好きな本について」

私は一人っ子なもんで、当然子供の頃から一人で遊んでいました。
家にはおじいちゃん・おばあちゃん・ひいおじいさん・ひいおばあさん・裏のおばあさん(謎)
玄関に犬が二匹・猫の額ほどの裏庭の納屋に野良猫が数匹・時々、母。

という家族構成で、遊び相手は皆無の為、しかも超が付くぐらい人見知りだったので
よその子供とも遊ばず一人で遊んでおりました。

一人での遊びと言えば、やっぱり読書が一番。

私の子供の頃の時代は「貸し本屋」さんなるお店がちょいちょいありまして

毎日毎日夕方になると「貸し本屋」さんに行っていました。

一冊30円~100円ぐらいで、漫画もあり小説もありました。

今考えると、えらい贅沢させてもらっていたなぁ。。。と思いますが

毎日5~6冊貸りていたので、毎日300円ぐらいかかっていたのじゃないかしら。

お母ちゃん、ありがとう。

今、この場をかりてお礼を言います。

一番のお気に入りだったのが、手塚治虫氏の「ブッダ」。
何回読んだかしら。

で、こちらのニックネーム等も「南無三さんぱうろ」にいたしました。

他、竹宮惠子氏の「風と木の詩」←幼稚園児にしてこの漫画のファンとは、自分でもおませさんで
恥ずかしいですわ。

大人になってからの好きな小説は、沢木耕太郎氏の「深夜特急」

他にも色々あるのですが、今日はひとまずここまで。

| 初めの記事 | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。